広島市の福永循環器・内科は日本循環器学会認定の循環器専門医、日本内科学会の内科認定医です。一般内科疾患及び、主として循環器疾患の診療を行っている無床診療所です。

福永循環器・内科
日本循環器学会認定の循環器専門医
日本内科学会の内科認定医

循環器疾患  地域に密着した安心医療をお約束します。福永循環器・内科医院は日本循環器学会認定の循環器専門医、日本内科学会の内科認定医です。

トップページ > 循環器疾患
オンライン診療 当院ではスマホ通院をご利用できます
院長挨拶
診療のご案内 (診療時間・休診日)
交通アクセス
健康診断 (企業健診・各種診断書)
在宅医療 (在宅診療までの流れ、対応地域)
よくある質問
〒732-0814
広島市南区段原南2丁目3-23
タカキビル2F地図はコチラ
TEL 082-264-8486
FAX 082-264-8486
携帯サイトはコチラ
広島企業紹介リンク集
コチラをクリック
無料サイト登録
 

 

循環器疾患
 

主な循環器疾患

循環器疾患は、全身に血液を循環させる臓器である心臓や血管などが正常に働かなくなる疾患のことで、高血圧・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞等)・不整脈・心筋症・心臓弁膜症・先天性心疾患・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等)・動脈瘤などに分類されます。日本においてこれらの疾患による死因は上位を占めており、また同様にこれらに掛かる医療費も上位を占めています。治療が、生活習慣の見直しを含め患者様の生活へ影響することから、生活の質(QOL)にも大きくかかわってきます。

 

高血圧

高血圧(こうけつあつ、Hypertension)は、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。そして、高血圧症とは、くり返して測っても血圧が正常より高い場合をいいます。診察室血圧で最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上であれば、高血圧と診断されます。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いです。

高血圧症の種類ですが、原因がはっきり判らない高血圧症の約90%が「本態性高血圧症」です。本態性高血圧症は遺伝的な因子や生活習慣などの環境因子が関与しており、生活習慣病といわれています。肥満・過剰な塩分摂取・過剰飲酒・喫煙・ストレス・運動不足等が複合的な原因と考えられています。
他に、体の中に血圧上昇の原因となるはっきりした病気がある場合の高血圧症を「二次性高血圧症」と呼びます。これに分類されるものは、原因を外科手術により治療することで高血圧自体の治療が期待できるものも含まれます。

<症状>
高血圧には特有な自覚症状はありません。高血圧は長い時間をかけて進行し、血管を障害していきます。その結果、動脈硬化を原因とした心臓病や脳卒中などの合併症の引き金となります。つまり、何らかの自覚症状が出てきたということは、すでにこれらの合併症を発症しているということで、その合併症による自覚症状の可能性が高いのです。心臓病を例にとると、日本では狭心症や心筋梗塞の原因疾患のトップは高血圧です。これらの自覚症状として多いのが胸の違和感や痛み、また圧迫感や締め付け感などです。しかし、これらの自覚症状は狭心症や心筋梗塞の自覚症状であり高血圧による症状ではありません。 つまり、かなり深刻な状態に陥るまでは本人は気がつかないのです。これが、高血圧が「沈黙の殺人者」と呼ばれるゆえんなのです。

TOPへ


虚血性心疾患

虚血性心疾患 (きょけつせいしんしっかん, IHD: Ischemic Heart Disease)は、心臓の筋肉に酸素と栄養を送りこむ冠動脈の閉塞や狭窄などにより、心筋への血流が十分に流れない状態(虚血)になると、心臓の筋肉に必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなり心臓に障害が起こる疾患です。

虚血性心疾患のうち、血栓や冠動脈の動脈硬化によっておこる一過性のものを「狭心症」、血液の供給が完全にストップすることにより、その部分の壁の動きが悪くなってしまう(心筋の一部が壊死する)ようなものを「心筋梗塞」と呼びます。

<症状>
急に激しい運動をしたり、強いストレスがかかると、心臓の筋肉は一時的に血液不足となり主に前胸部、時に左腕や背中に痛み、圧迫感を生じます。症状は症例によって大きく異なるため、注意深い問診が極めて重要となります。

 

狭心症
狭心症の問診は、胸痛、胸部圧迫感、絞扼(こうやく)感、息切れなどの症状が、いつから、どのような誘因で、どのくらいの頻度で、胸部のどの部位に、どのくらい持続するか、発作時の冷汗や脂汗の有無、ニトロ製剤に対する反応性、などを伺います。一般に狭心症発作は数分間のことが多く、15分以上持続することはまれです。胸痛や圧迫感の部位は胸骨の裏側が多くみられますが、しばしば喉頭部絞扼感や下顎部痛を生じます。痛みの性質として、重い、しめつけられる、圧迫感などと表現されることが多く、チクチク刺すような痛みは狭心症ではないことが多いです。ときに胸焼け、左肩甲部痛、肩こり、心窩部(しんかぶ)痛、息切れを訴えることもあります。息切れは虚血によって心臓の拡張能障害が起こり、肺うっ血が生じたためと考えられます。これがみられると、胸痛がなくとも心筋虚血は重症のことが多く、痛みは、胸骨の裏側のみのこともありますが、左上肢(とくに尺骨〈しゃっこつ〉側)、肩、頸(くび)、あごなどに放散します。

心筋梗塞
症状としては、激しい胸の痛み、呼吸困難、冷汗、嘔気、嘔吐などがあります。狭心症と違い、痛みが通常30分以上続きます。胸痛発作が始まってから6時間以内に治療を行えば、大部分の心臓の筋肉を救うことができます。血栓を溶かす薬を注射し、カテーテルによる適切な治療をすみやかに行うことが現在一般的です。心筋梗塞をおこすと、酸素が送られてこなくなった心筋の一部は死んでしまうおそれがあるため、一刻を争う治療が必要です。

TOPへ


不整脈

不整脈(ふせいみゃく、Arrhythmia)は、心拍数や脈拍のリズムが一定でない状態の事をいいます。また心拍や脈拍が整であっても、心電図異常がある場合は臨床的には不整脈です。脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態といろいろありますが、脈拍が1分間に50以下の場合を「徐脈」、100以上の場合を「頻脈」といいます。

<症状>
全く無症状の場合は無症候性不整脈、症状のある場合は症候性不整脈と呼びます。また、病気に由来するものと、そうでない生理的なものがあります。 症状としては、動悸、めまい、失神(10秒以上停止すると意識がなくなって倒れるAdam-stoks発作)、胸部違和感、息切れ、胸痛などがあげられます。具体的には脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れや、めまいなどの症状が出やすくなります。一方、明らかな誘因がないのに、突然、脈拍が120以上になる場合は病的な頻脈の可能性があります。頻脈になると動悸や息切れのほかに、胸痛、めまい、失神といった症状が出ることがあります。この他、のどや胸の不快感や動悸、またはキュッとしたごく短い時間の痛みとして感じる人もいます。

病名をあげますと、心房性期外収縮、心室性期外収縮、洞不全症候群、房室ブロック、WPW症候群、発作性上室性頻拍症、心房細動等があります。心臓のどこで、何がおこっているか?程度はどのくらいか?心配のいらないものから突然死に関わるものまでさまざまな種類があります。軽い動悸だから大丈夫という素人判断は怖いです。心電図、心エコー検査等、循環器専門医による詳しい検査を受けることを勧めます。

TOPへ


心筋症

心筋は心臓をつくっている筋肉のことです。この心筋に変化がおこり、心臓の働きが低下するのが心筋症です。主な分類として、原因不明の「特発性」で、心筋が厚くなる「肥大型心筋症」と心筋が薄くなる「拡張型心筋症」、そして、原因、全身の疾患との関連がはっきりしている「特定心筋症(二次性心筋症)」などに分かれます。

<症状>
「肥大型心筋症」では無症状か、わずかな症状を示すだけのことが多く、検診における心雑音や心電図異常をきっかけに診断されるケースが少なくありません。症状がある場合には、不整脈に伴う動悸やめまい、運動時の呼吸困難・胸の圧迫感などがあります。家族性の発症が多いのも特徴です。

「拡張型心筋症」は無症状も多いですが、現れる自覚症状としては動悸や呼吸困難がみられます。はじめは運動時に、症状が進むにしたがって、安静時にも出現し、夜間の呼吸困難などを来します。また、浮腫や疲れやすさ、不整脈も現れてきます。

「特定心筋症(二次性心筋症)」は、代謝、遺伝疾患などのはっきりした原因で心臓の機能が低下がみられ、動悸や息切れ感という心不全症状が出現します。
いずれも診断のきっかけは身体所見や心電図、胸部写真ですが、心エコーにより心筋の厚さ、内腔の拡大の程度、心筋の収縮力などから、より確実な診断が可能です。

TOPへ


心臓弁膜症

心臓には4カ所の弁(「大動脈弁」「僧帽弁」「肺動脈弁」「三尖弁」)があり、血液の逆流を防ぐ働きをしています。心臓弁膜症とはこの弁が炎症や外傷、一部先天性のものなどによって血液の流れが妨げられ心臓の活動にさまざまな支障をきたしているものです。

主な分類としては、弁が癒合して狭くなり十分に開かなくなることで血液の流れを妨げる「狭窄症」と、弁が不完全に閉鎖するために血液の逆流をおこす「閉鎖不全症」、そして両者の混在です。弁に障害をおこすと不整脈や心不全になることがあります。病名としては、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、三尖弁膜症、肺動脈弁膜症などがあります。

<症状>
心臓のポンプの働きが弱くなり、全身へきれいな血液を上手に送れない状態です。弁の箇所や状態で異なりますが、息切れや呼吸困難、狭心痛や心不全症状、失神、夜間発作性呼吸困難、血液のうっ滞による顔面や下肢のむくみ、おなかの張りなどの症状があります。また弁膜症は、血栓(血のかたまり)が出来やすくなっていますので(血栓予防のために抗凝固療法が行われることもあります)血栓塞栓症にも注意が必要です。

TOPへ


TOPへ

 
 
福永循環器・内科医院のホームページにアクセスいただき有難うございます。*外来診療の医療機関の為、入院治療が必要と判断した場合は随時、適切な病院へ紹介させて頂いております。*なお、小児(高校生未満)の診察はお断りしております。ご了承ください。お問合わせ 電話:082-264-8486
 
 

 

 

広島市の福永循環器・内科は日本循環器学会認定の循環器専門医、日本内科学会の内科認定医です。一般内科疾患及び、主として循環器疾患の診療を行っている無床診療所です。

お問合わせ 電話:082-264-8486
福永循環器・内科
〒732-0814 広島県広島市南区段原南2丁目3-23
タカキビル2F 地図
日本循環器学会認定の循環器専門医
日本内科学会の内科認定医
このサイトにおける画像・文章などを無断でコピー、使用、転載することを禁じます。 (C) 福永循環器・内科